飲食店を開業するなら業務用食器を買おう【コストダウン可能】

増収が経営の要

サイドメニューを工夫

カップ

カフェの開業を夢見る人は多いですが、開業後経営を軌道に乗せるのがもっとも難しいのがカフェと言われています。
カフェの集客の70%は女性です。
女性客の目線で経営計画を立てる必要があります。
但し、女性がカフェに入ると滞在時間が長いため、回転率が下がります。
回転率の低下は経営効率を悪化させます。
長時間の滞在で客単価が低いのがカフェの経営実態です。
滞在時間が長い客の定着率は高いので、致し方ないことですが、問題となるのは客単価の向上です。
コーヒーや紅茶などの飲み物に合うサイドメニューの工夫をしましょう。
コーヒーとセットであれば、単品単価よりも200円お値打ちとなったり、普通のお店よりも大きめのサイズであること、厳選された材料で作ったこだわりのスイーツなど看板メニューをつくることです。
単品注文よりもセット注文の魅力を高くすることです。
飲み物のお替りが半額などの工夫も良いです。
とにかく滞在時間中に会計が増えなければ経営効率が悪くなります。
誕生日月のお客様には次回利用の100円引きチケットやスイーツ割引券なども効果的です。
女性はクーポンや割引に弱いです。
開業前に目論んだ集客や利益率が100%クリアできるケースは稀で、開業直後は流行っても、時間の経過で客足が衰えるのは事実です。
経営を順当に進めるためには女性客の定着とスイーツなどのサイドメニューの工夫が重要です。
開業後は、SNSの口コミ情報や評価を参考に改善を図ることも重要です。

専門知識を学ぶには

珈琲

独立して自分の店を開業しようとする人は数多くいますが、その中でいかに生き残っていくかは難しい問題です。
特に飲食業は競争の激しい世界であり、自己流で打ち勝っていくことは大きな困難を伴います。
その中でも最近はやりの業態の一つにカフェがありますが、同じようなお店が多いだけにいかにして他店と差別化を図りつつ顧客の支持を得るかが成功に向けた大きなポイントと言えるでしょう。
そのようなノウハウを身に着けることは一朝一夕には難しく、もっとも効率的な方法は専門的に教えてもらうことができるセミナーに参加して、学ぶことです。
特に、本格的なカフェであればバリスタの知識が必要不可欠となります。
また、開業のための立地を含む店舗探しやインテリアの作り方、接客の方法などについても学ぶ必要があるのです。
これらのことを、自分一人ですべてを習得するにはかなりの時間を要します。
ですが、開業や経営についてのノウハウを短期間で学べるのがセミナーであり、参加する大きなメリットです。
また、一人でカフェを開業するのは資金面や労力面などで負担となりますが、アカデミーで同じ志を持つ人と出会うことによって、共同での開業という選択肢もあり得るかもしれません。
気になる開業費用ですが、大きく分けると店舗の賃料等、内装工事費、設備費、運転資金の4つからなります。
このうち賃料等はお店の立地によって大きく異なりますが、他の3つは工夫次第で引き下げることが可能です。
平均的には500万円程度となることが多いでしょう。

オープン経験があるか否か

バリスタ

カフェを開業する際の開業スクールの選び方や選ぶ際の基準について紹介します。
カフェを開業する大半が個人で開業される人が多く、小規模の店舗で運営する傾向があります。
個人での開業の場合、開業資金として投入する資金に限りがあります。
金融機関からの融資に頼る人もいますが、実際にカフェをオープンする際、どういった形や流れがあるのかは、実際にカフェを開業された人に聞くのが一番良いです。
そのため、開業スクールの講師が実際に開業されたカフェオーナーがいるスクールを選ぶのが良いです。
オープンするまでの手続きや準備など、オーナーならではの話が聞けるので、実際に自分でオープンする運びになったときに、参考にできるからです。
行政手続や法的な手続で必要なことは、すべてオープン前に済ませる必要があります。
オープン前には、保健所の立ち入り検査があり、これをパスしないとオープンできませんので、開業するまでの手続や準備は、とても重要です。
カフェの立ち上げ経験者がいるスクール講師に絞って探すことも良いです。
カフェの成功体験談や失敗談をじかに聞けることは貴重です。
ただ、カフェを運営するだけでなく、経営者として売上や経費などの資金繰りもシビアに管理する必要もあります。
いいことも苦しいことも体験談を話される講師がいることがスクールの選び方のポイントであり、基準でもあります。
どういったカフェを展開していきたいのか、現在の流行や傾向など、専門的に話すことができるスクールを探してください。