飲食店を開業するなら業務用食器を買おう【コストダウン可能】

飲食ビジネス成功の秘訣

無理なく計画を立てる

店員

飲食店を経営する夢を持つ人は多いでしょう。
既に開業している飲食店で修業に入っている人もあれば、現在外食産業で働いていて、独立開業の夢を持つ人もおられるでしょう。
飲食店を開業するためには計画が重要です。
外食店舗を経営する上で、集客のカギを握るのが味と価格です。
頑固おやじで愛想の悪い店主でも、味が良ければ行列ができます。
味が良ければ高くてもそれなりのお客が集まります。
味が良ければ立地が悪くても客が来ます。
逆に味は並みでも、価格が安ければこれも行列となるでしょう。
味と価格は飲食の経営を目指す人であれば比較的簡単な問題です。
では、一番の問題とは何かと言えば、資金計画です。
開業のための資金は、厨房機器購入費、店舗設計施工費、初期宣伝広告費などが大きくかかります。
一般的な飲食店で開業費は1000万円から1500万円掛かると言われています。
ここに、仕入れコストや人件費、水道光熱費、雑費、家賃などが掛かります。
飲食店経営は開業後の3年継続率が3割程度と言われており、5年後には1割程度となってしまうと言われています。
毎月の固定費もさることながら返済の負担が大きいと経営は悪化します。
人件費を含める固定費はなるべく少なくする工夫をしましょう。
店舗設計の段階で人件費が少なく済む工夫をします。
従業員や客の動線を考えて配膳しやすく動きやすい配置としましょう。
広いばかりでもいけません。
無駄な店員の配置により人件費は垂れ流しです。
借入を少なくし、初期費用を抑えることが経営を軌道に乗せます。
開業までの計画を綿密に立て、無理な経営をしないことが良いでしょう。

居抜き店舗を上手く利用

ウェイトレス

飲食店の経営を目指す場合に注目しておきたいのが設備投資です。
店舗施工費や不動産契約に関わる諸々の費用など、開業までに1000万円から2000万円掛かると言われています。
但し、居抜き店舗を利用すれば、大幅な費用削減が可能と言われています。
居抜きはすでに店舗の設計がしてあり、内装チェンジのみで済むというメリットがあります。
厨房機器も作動状態を確認してクリーニングや消毒を行えば費用は5分の1程度で済むでしょう。
一番費用が掛かるのは水回りですが、居抜きであるがゆえにすべての施工がしてあるため、ここも設備交換やクリーニングで済みます。
不具合部分の修繕と内装変更、看板などを製作する費用で、500万円程度の設備投資で済むこともあるでしょう。
クロスや床材などの張替はDIY作業でも可能です。
ホームセンターなどで材料を揃えれば、プロに施工を依頼する5分の1程度の費用で抑えられます。
劣化した木部は塗料やニスできれいになります。
飲食店経営をスタートするために極力費用を抑えることです。
飲食店経営を悪化させる原因は固定費です。
「あんなに流行っていた飲食店なのになんで経営破たんしたんだろう」なんて思ったこともあるでしょう。
原因は固定費です。
返済、人件費、水道光熱費、仕入れが最低限かかり、それ以外にも目に見えない費用が出ます。
返済以外は集客が多ければ負担が大きくなりますので、流行れば楽とも言えません。
忙しくなれば、人員調達も難しくなります。
初期費用を抑えることは経営を軌道に乗せるための条件となります。

飲食で利益を出す工夫

ウェイター

飲食店の経営の難しさはコストを上回る利益を出すことです。
飲食店の利益率(粗利)は他の物販業に比べて高いです。
売価に対しての原価は3分の1以下と言われています。
お酒や他のドリンクであれば5分の1以下と言われています。
本来であれば儲かるように思いますが、儲けを削る原因が人件費を含む固定費です。
材料費は意外に掛かりません。
肉や魚はコストが高いと言われますが、商品化すれば3倍から5倍は回収できます。
創作料理など工夫で高値で売れます。
繁盛店の悩みとして人件費が嵩むことです。
ラーメン店などでアイランド型という経営を目にすることがあります。
厨房が真ん中で、周囲にカウンターを配置します。
テーブルは無しでカウンターのみです。
この配置は意外に人を収容し、配膳の手間が必要ないですので効率よく経営が出来ます。
飲食店に個別のテーブルや個室を設けると無駄が多くなります。
掃除や配膳など経営ロスが多くなります。
アイランド型であれば、ロスが少なく飲食店の経営が可能です。
経営者がお客の食べるスピードや注文状況、飲み物などの空き状況を把握することも可能で、経営効率が良くなります。
飲食店の場合、十分なスペースを持って、お客さんを待たせないお店よりも、行列が出来てお客さんが待つお店の方が良いと考えられています。
とくに、若い顧客層を狙う場合、行列ができるお店は魅力です。
客の目の前で調理をすることで注文が増えるとも考えられています。